脱力バクダン

アラサー脱力系サラリーマンのブログ

痔ろう手術で羞恥心が吹き飛んだ話

私は再発を除くと2回痔ろうになっています。
とにかく痔ろうは痛いです!
ただ、痛み以外にも辛かった事があったのでその話をしたいと思います。

1回目は7~8年前に、そして昨年2回目の痔ろうになった私。
お尻の穴付近に出来物が出来ていたのですが、診察で痔ろうと診断されました。
恐らくですが力み過ぎが原因と思われます。

www.datsu-baku.com

すぐに手術の予定を立て、会社に入院期間である1週間の有給を申請。
私が痔主ということを理解してくれている会社で良かった(笑)

有給も取れたので院長から今後のスケジュールや手術方法の説明を聞きました。
そこで衝撃の話を聞く...。


f:id:datsu-baku:20180421214554j:plain

院長『手術は初めてですか?』
私『いえ、違います。』

院長『じゃあ大丈夫ですね。腰に麻酔をして手術もすぐ終わりますよ。』
私『ちなみに手術の体勢はどんな感じですか?別の病院ではうつ伏せでしたけど。』

院長『この病院は違います。仰向けになって・・・。』
私『はい。』

院長『お尻を突き出して...。』
私『お尻を突き出す?』

院長『M字開脚です。』
私『えっ?』

院長『この体勢が一番手術に適しているのです。』


 
皆さんはそんな体勢をしたことがありますか?
もしプライベートでしたことがある人は私がハッキリ言いましょう。
 
 
 
変態です。  
 
 
手術中は下半身麻酔。意識はハッキリしている中でのM字大開脚!
さすがに女性看護師さんとこの体勢で見つめ合うのは恥ずかしい...。

実際に手術が始まり、麻酔をして手術台に乗せられM字開脚!

女性看護師さんに尻の穴回りの毛を全剃りされました。
もっとお尻を突き出して!とか言われながら。

この手術のお陰で私には恥ずかしいという概念が無くなった気がします。

ありがとう痔ろう。
ありがとうM字開脚。